厚板プレス工業の匠たちのご紹介

当社の匠たちをご紹介します。

プレス

弊社の曲げ技術の根幹を担う精鋭メンバー。
時代が変わっても熟練技術は普遍。
力の部分はプレス機が担いますが
色々な形状に曲げ加工スピニング加工プレス加工・変化させ
形に仕上げるのは私たち。
長年の実績と経験を生かしどのような厚みや素材でも
必ずご要望の形にしてみせるとの自負を持ち作業をしています。

スピニング

特殊成形機による曲げ加工を行っています。
プレス曲げ同様、機械操作技術は負けません。
鋼板が飴のようにうねりながら形を変えていく様は圧巻です。
鉄は生き物、あらゆる材質の息遣いを感じながら作業をしています。
プレス曲げと、スピニング曲げはわが社の2大曲げ工法。
その一翼を私たちが担っています。

開先切断

機械化、省力化が進む私たちの作業部門。
但しそれは曲げる前の素材での話。
いろいろな素材、厚み、の製品がいろいろな曲率を描く曲げ製品。
これらを切断し、開先を仕上げていく工程は
柔軟な体と繊細かつ緻密な動きができる私たちならではと自負しています。
せっかくきれいに曲げた製品をここでミスをしては台無し。
重要な作業です。

原寸罫書

私たちこそが、当社の一番重要な部門であると密かに思っています。
図面を受領した時から製品出荷まですべての作業にかかわり
どの作業においても間違いやミスは厳禁。
こちらも緻密で繊細な作業が持ち味。
板取から床原寸、3D CADによる展開まで
三次元から四次元???まで何でもこなす頭脳集団です。

組立溶接

いわゆる製缶部門です。
プレスで曲げ加工したものを仮組立や溶接を行い
最終形状にまとめ上げる、技術集団です。
当社は曲げ加工が主体のため、人数は少ないですが
少数精鋭で一人何役もこなします。
なにせ色んな形に曲がったものを組み立て
溶接する訳ですからどんな事にも対応できるよう
機転と要領に富み、何より経験豊富なメンバーで構成しています。

Copyright(C)2014 Atsuita Press Industry Co.,Ltd. All Right Reserved.