ナックル製品のプレス加工・曲げ加工事例のご紹介

ナックル


内径 φ29500 mm
板厚 32 mm
材質 SLA325A
ナックル部材とは分割製作される圧力容器の大径側に位置する側板の事を指します。
分割鏡板と同様に、こちらも確かなプレス加工曲げ加工スピニング加工・原寸展開・製缶組立をもとに製品が作り上げられてゆきます。
ナックルだけのプレス加工においても、現地据付場所もしくは納品先工場で組立がうまくいくように、仮組立を行って品質の確証をとります。
特に大型ナックル部品の組立検査については、順送りで検査を行ってゆきます。
大型製品ゆえの品質ポイントなども加味しながら組立調整を加えて進めてゆかねばなりません。
製品板厚も90㎜から実績がございます。
確かな経験に基づいた素材展開技術で陸上輸送できる範囲で分割数のご提案を行います。
独自のプレス加工技術により分割数を減らせられる場合もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

製作事例


内径 φ23874mm
板厚 9mm
材質 SS400

内径 φ7900mm
板厚 80mm
材質 SS400

内径 φ10300mm
板厚 24mm
材質 SGV480
内径 φ3536mm
板厚 12 m
材質 WELL-HARD400

内径 φ9100mm
板厚 27mm
材質 SUS304

外径 φ6604mm
板厚 80mm
材質 SS400

Copyright(C)2014 Atsuita Press Industry Co.,Ltd. All Right Reserved.